2012年9月16日日曜日

人生をプレーンテキストで管理する

昔は頭の中で考えて済ませて、外にメモったりはしない質だった。実際、数学についてはいくらメモをとっても、見返すときにはもっと考えが進んでしまっていて役に立たないことが多い。でも日々の雑事を全部頭に入れておくのは無理だ。

というわけで、メモアプリということになるわけだが、世の中的にはEvernoteとOneNoteがよく使われているようだ。私もEvernote→OneNoteと来た人間。ただし時間管理は紙の手帳でしている。しかし、どちらもメモの形式が事実上プロプライエタリなので(Evernoteはデータ形式を公開しているけれども個人レベルでそれをハックするのはかなり大変そう)、プレーンテキストかそれに近い形式でメモを保存するツールを検討していた。

思いつくのは3つくらい

1.howm
2.org-mode
3.Gmailをメモツールとして使う。

まあEmacsユーザーなので。でも3.は結構まじめに考えた。Gmailを使えば検索もできるし、タグも貼れるし、モバイルでも参照できる。実際、Noteというタグがデフォルトで付いているということは、メモツールとして使うことも想定されているのかな?ただ、やはりUIはメール前提なので、使いづらいという声が検索をかけてみるとちらほら。必ずスレッド表記になるので、検索の時どのメモに検索語が含まれているか探すのが大変とか(これはメールの場合もそうなので、何か方法がある気がするが。)、メールとして例えば自分に送ってしまうと、それを編集するのが面倒とか。下書きにメモを貯めておく事を勧める人もいるが、自分としては下書きはメールの下書き用に取っておきたい。何より怖いのは、自分用のメールを間違って他人に送ってしまうこと。やはりメモツールとメールは分けたほうが良い気がする。

というわけで、あとはhowmかorg-modeだが、全文検索ベースでシンプルな作りというところが気に入ってhowmにしてみた。org-modeもiPhoneクライアントがあるみたいだし、なかなか良さそうだけど、アジェンダに表示するページを手で登録しなくてはいけないようなので、面倒だなと思ってやめた。

で、howmだが、まだ使い始めたばかりなのでなんとも言えない。色々足りない所があって、elispを書かなくてはいけない所が楽しいかも(?)。

また使い方が固まってきたら報告したい。