2012年9月23日日曜日

そこをなんとか


jmukさんが紹介していたので読んでみた。弁護士就職難の時代に何とか就職した新米弁護士、楽子(もとキャバ嬢)が右往左往する話。1話で笑わせ、法律知識を散りばめつつ楽子のキャラも立て、最後は「いい話」的な結末に持っていこうとしているので、何だか1話ごとの密度が高い感じ。1回読んだだけでは分からない部分もあったり。

まあ面白いと思います。続きを買うかは未定。