2013年1月14日月曜日

抽象によるソフトウェア設計 - Alloyで始める形式手法


今更ながらざっくりとだけど、Alloy本を読み終わった。最近読書時間がなくって。

感想だけど、読みながらあまり理詰めで考えず、手を動かしながら読むのが一番だと思う。理詰めに考えてしまうと論理の話になって難しくなる。私は通勤時間に読んでいたので、表面的な理解しかしていないと思う。

一番面白かったのが関係論理の部分で、関係論理については初めて知った。これって人間の自然な論理に近いんじゃないだろうか。モンタギュー意味論とかだと高階の概念が大量に出てくるけど、関係論理を使うと一階の世界である程度できるんじゃないだろうか。誰かもうやっているだろうけど。